歯のトラブルの改善は実績のある歯科クリニックへ

歯科のイメージを払拭

予防歯科が流行している

 歯科のあのキーンという機械の音、独特の匂い、そして何より治療が痛い。歯科を苦手としている人は多いでしょう。そのため歯が痛くても更に痛い目に遭うと思うとなかなか行けない、という人も少なくありません。  一方で定期的に歯科に通う人も増えています。定期的に予防措置を受けることで、虫歯や歯周病を未然に防ぐことができますし、もし見つかったとしても早期発見・早期治療につながり治療の時間と費用を節約することができます。  また問題がなかったとしても個人に合わせたブラッシングの指導を受けたり、クリーニングで口の中をスッキリさせることができます。  歯の健康が全身の健康につながると言っても過言ではありません。長い間歯科に行っていない人は、一度健診を受けてみてはいかがでしょうか。  

最近の治療は痛くない

 歯科は痛いし怖い。誰もがそんなイメージを持っているでしょう。子供の時の痛い治療がトラウマになってしまっている人も少なくありません。  最近の歯科治療の技術は進んでいて大分痛みは抑えられてきていますが、それ以上に「痛くない治療を心がける」歯科が増えています。例えば麻酔注射で痛い思いをした経験のある人は多いと思いますが、最近の麻酔はまず塗るタイプの麻酔薬を歯茎に塗ってから針の細い麻酔注射を打ちます。注射は針が細ければ細いほど痛みを感じにくいのです。そのためいつ注射をしたか分かりません。またアロマオイルを炊くなどして、リラックス効果を生み出している歯科もあります。  痛いのが嫌だと言えば、大抵痛くないように配慮してくれます。逆に我慢しろというタイプの所は、いくら技術があっても患者さんが寄り付かなくなるかもしれません。    

» ページのトップへ戻る