歯のトラブルの改善は実績のある歯科クリニックへ

豊富な治療法

歯科医の診療は保険外診療が多い

歯科の初診の際にアンケート用紙の記入が求められますが、通常は保険診療で依頼します。治療の箇所にもよりますが、以前よりは歯の技工士の技術が上がったせいか口を空いた時に見えるところでも保険診療で十分なくらいの見た目の良い材質のかぶせ物が出来ています。以前は歯科といえば見た目のところでは保険か効かないので保険外がやむを得ないと考えられていました。特に、前歯の差し歯についても材質から色味に至るまで本物の歯とあまり違わないようになっています。しかしながら、現在患者の多い歯槽膿漏のために歯がダメになりインプラントについては信頼できる歯科に手術をしてもらわなければなりませんし、保険外となるケースが多くなっています。

インプラントについての留意点

歯科は診療時間い診ることが出来る患者の数が限定されてしまいます。一人の患者にかかる時間がどうしても長くなってしまいます。最近では患者に待ち時間を作らないために予約制度を導入している歯科がほとんどです。インプラントの手術をする日も決めていることがほとんどです。インプラントの手術は局部麻酔で出来ますので、入院をする必要はありません。手術後に二三日は痛みが残りますが、手術した当日から食事をすることは可能です。手術は簡単ではないので、経験豊かな歯科医にしてもらうのが安心です。歯槽膿漏にならないためには定期的に歯科での診察を受け、歯にたまった歯石を取り除いてもらわなければなりません。歯石を取って歯周病を予防することが大事です。

» ページのトップへ戻る